ローンカードの借入限度額について知りたい

MENU
RSS

ローンカードの借入限度額について知りたい

総量規制という法律については、どの程度ご存知でしょうか?
2006年に貸金業法が改正されましたね。その際に新たに始まったのがこの総量規制です。この規制により、個人の借り入れの総額が制限されるようになったのです。その内容とは大まかにいうと「個人の借入総額は年収の3分の1以下でなければならない」というようなことです。

 

つまり、年収が300万円の場合、貸金業社から借りられる総額は100万円となります。従って、A社から50万円、B社から50万円、すでに借りている場合は、C社からの借り入れはできません。また、すでに総額100万円借りているので、A社でもB社でも、借入限度額を増額することはできないのです。

 

そして、専業主婦のように収入のない者は年収がゼロとなり、借入可能額もゼロとなり、実質お金を借りることができないと、なってしまったわけです。

 

しかし、この総量規制は貸金業法の管轄下にある貸金業者にしか適応できません。従って銀行はこれには含まれず、銀行のローンカードを使ったカードローンは、借入限度額を制限されることはないのです。しかも、銀行によっては800万円から1000万円と、かなりの高額の借入限度額を設定しているところもあり、非常に人気が高まっているのです。

 

銀行のカードローンは、消費者金融の自動契約機による時間が迅速なキャッシングには抵抗があるという人や、金利の安い方がいいという人、そして、借入限度額が高額な方がいいという人におすすめです。しかし、これだけいい条件なので、申し込みのハードルも高めになっています。

総量規制外のローンはありますか?

先日、自民党が総量規制の見直しの再建案を発表しましたね。
2006年に総量規制が敷かれるようになって、グレーゾーンが廃止されました。実質、法律上の金利は今までよりも低くなり、過払いの利息の返還請求が相次ぎました。そして、個人の借入総額も限定されました。年収の3分の1以下でなければならないと限定されたため、一人ひとりの借入総額の見直しがされたり、中には引き下げがされた人もあったことでしょう。また、今までのように簡単に融資限度額を上げることはできなくなってしまいました。

 

この総量規制を緩和もしくは廃止しようとしている動きがあるのです。この政策は「アベノミクス」の一つとして、金融機関の改善と多重債務に苦しむ人たちへの救済であるともいまれています。

 

いずれにしても、いまだ施行中の総量規制。この法律にも抜け道があります。総量規制外のローンがあるのです。それが、銀行系カードローンや、銀行のローンやカードローンです。
これらのローンを利用しても、総量規制には該当しないのです。ですので、法律上、借入総額には制限はありません。なぜなら、総量規制は貸金業法の法律だからです。

 

さらにこういったカードローンには、融資限度額を高額に設定できるものが多いので、多額のお金が必要な時にも対応が可能なのです。そして、銀行が経営しているので、良心的な金利でお金を借りることができます。特に銀行のカードローンは、消費者金融の利用は気が進まないという人にはお勧めのサービスです。

総量規制は銀行にも関係あるの?

2006年の貸金業法の改正とともに制定された総量規制。この規制に伴って消費者金融は大きな打撃を受けたことは周知の事実です。
まず、グレーゾーンが廃止され、これまでの消費者金融の利用者がこぞって、過払い利息の返還を求めて裁判を起こすようになりました。そして、個人の借入限度額は年収の3分の1以内という規定ができ、利用者は借り渋るようになり、利益が上がらなくなってしまったのです。

 

しかし、目に見えて打撃を受けたのは、消費者金融側だけではないのです。
お金が必要になり、どこからか借りなければならないような、生活に困っている人たちこそ、消費者金融から借入を必要としていたのです。この総量規制により収入が少なく、お金を借りたい人ほど、お金を借りられなくなってしまったのです。

 

ですが、こうした人たちにもお金を借りる方法は他にもあります。それは銀行です。銀行の貸し付けは総量規制には加算されないので、困っている人は銀行の借入を検討されてみてはいかがでしょうか?

 

中でも銀行のカードローンは、消費者金融と同じようにATMからの引き出しが可能で、しかも使用の用途は自由です。もちろん、こちらのローンも総量規制とは関係がありません。例えば、複数の消費者金融からの借り入れがあり、返済日や返済金の多さに困っている人にもこのローンはお勧めです。融資金額も高額なものが多いので一本化にも役に立つでしょう。審査が厳しく、時間が掛かることは難点ですが、金利も低めでとても便利です。